三鷹市のパートナーとして花と緑のまちづくり事業を展開しているNPO法人です。
ホーム » 協会の活動 » いちご会、ルーテル花壇などのようす
イベント情報
花のまち協会の活動
花のまち協会とは
いちご会、ルーテル花壇などのようす

暑くなってきました。三鷹市内の花壇の様子をお伝えします。
下連雀7丁目のいちご会ガーデンです。
花壇にあるミモザの木やコニファー、ジンチョウゲの剪定をしました。たくさんの植物が一斉に成長しはじめ、アナベルの新緑や
ラムズイヤーの白い葉がとてもきれいでした。切り戻したローズゼラニウムやクリスマスローズを飾ってみました。
    
また、本日はルーテル学院大学前花壇に行き、スタッフと少々メンテナンスしました。こちらでもシルバープリペットやユキヤナギの剪定をしました。
少数精鋭のボランティアさんが自主活動で作業してくださり感謝の想いです。
クレマチスも大きな花を咲かせています。
 

 

日陰のガーデンはシダとシラン、ミヤコワスレや斑入り三つ葉、セントーレア、ノバラなどそれぞれの場所で
涼しげな美しい花が見られます。下の写真はプルモナリアとスズランです。
 

こちらは週末に撮影した牟礼の赤とんぼ保育園となりの三鷹台暫定解放広場です。
チューリップが終わり景色が変わっていました。先ほど、保育園より、多くの人が通りすがりに花を楽しんでいる姿が見られますとご報告
いただきました。
アリウム、サルビアネモローサ、ビスカリアやサポナリアなどが咲き始めました。そよそよと、した感じがいいですね。