三鷹市のパートナーとして花と緑のまちづくり事業を展開しているNPO法人です。
ホーム » 協会の活動 » ボランティア講座
イベント情報
花のまち協会の活動
花のまち協会とは
ボランティア講座

ボランティア講座には、現在「緑のボランティア講座」と「花壇ボランティア講座」の2つがあります。

緑のボランティア講座
市内の緑を守り育てる「緑のボランティア」を育成する講座です。

11月~2月の間の全6回の連続講座で、樹木や雑木林、竹林などの管理について学ぶことができます。
実習では、樹木観察や、剪定、竹の伐採なども行います。

講師は、東京農業大学教授の濱野周泰先生です。

講座の主な内容
■ 植物の基礎知識 ■ 雑木林の管理と育成  ■ 雑木林と人間の生活 ■ 樹木の剪定 ■ 竹林の管理と育成 ■ 樹木観察
内容によって、市内の公園など毎回異なる会場で講義・実習を行います。

 
市内の大学を借りて講義を行うこともあります。  剪定講習の様子。

 
26年度は高尾山で樹木観察を行いました。    国立天文台の竹林での実習。

受講生は幅広い年齢層で、男性が多いと思いきや、女性も半数近くいらっしゃいます。
受講の理由も、「山や樹木が好きだから。」「ボランティア活動に興味があったから。」「何か趣味を見つけたくて。」など、人によって様々です。

現在第11期生までが修了し、修了生のみなさんには、学んだことを活かして、市内で「緑のボランティア」として活動していただいています。

花壇ボランティア養成講座
市内の花壇管理を行う「花壇ボランティア」を育成する講座です。

月1回、全10回の連続講座で、1年間かけて草花の基礎知識から花壇の維持管理まで学びます。
実習では実際に、花壇をデザイン、植栽、管理まで行います。

第8期の講師は、園芸研究家の香山三紀先生です。

講座の主な内容
■植物の基礎知識 ■植物の生育環境について ■植物の色について ■花壇のプランニング ■園芸作業の基礎知識 ■病害虫対策について
■花壇での植え付けや植物の維持管理についてのフィールドワーク など

 
フィールドでの実習の様子。           講義はグループワークが中心です。

 
植栽のデザインも勉強します。           花壇作りも実習します。

平日の講座なので、受講生は女性が多いですが、男性も大歓迎!
講座中はグループワークが多いので、卒業する頃には知らないうちに仲良しになっています。

「花が好きだから」「ボランティア活動に興味があって」「お友達が欲しくて」など、みなさん気軽にご参加いただいています。

現在は、第8期生が受講中です。第7期までの修了生のみなさんには、市内の花壇で「花壇ボランティア」として活動していただいています。