三鷹市のパートナーとして花と緑のまちづくり事業を展開しているNPO法人です。
ホーム » 親子体験農園 » ~トウモロコシの種まき~
イベント情報
花のまち協会の活動
花のまち協会とは
~トウモロコシの種まき~

トウモロコシの種をまきました!

4月23日(土)種まき日和か分かりませんが、暑すぎず、寒すぎず、いい天候となりました。開催時間が近づくと大勢の参加者が集まりました。(迷った方もいらっしゃったようです)

                                           
自転車もたくさんです。

    
体験農園のスタンプカードと本日の作業ポイント。

                                   
まずは、本日の作業の説明です。

                                   
紙コップに40粒ずつトウモロコシの種が入っています。種がピンク色なのは消毒薬です。

    
ひとつの穴に2粒ずつ種をまきます。種同士を近づけすぎないのがポイントです。

    
続いて、土をかぶせます。風で飛ばされないよう、ビニールがしっかり隠れるまでかぶせます。

     
種まき前と種まき後、芽が出ていないので、何が変わったのかよく分かりませんね(笑)              
芽が出ましたら、また報告させていただきます。

次回は5月14日(土)10:00~【サツマイモの苗の植え付け】です。                                     

番外編                                                            
大沢の里の水田では約30匹の鯉のぼりが泳いでいます。これは市民グループ「ほたるの里・三鷹村」が毎年掲げているものです。参加者の皆さんにお知らせできなかったので、この場を借りてお知らせします。        
5月13日(金)頃まで掲げられている予定となっていますので、ご覧になりたい方はぜひゴールデンウィーク中にお越しください。
トウモロコシの芽も出ているかもしれませんね。        

           

※親子体験農園は参加者が限定されたイベントです。また、今年度の申込は締め切られております。