ミズキの剪定枝が。。。

11月の北野中央公園での緑のボランティア活動でミズキを剪定しました。
その剪定枝がきれいに飾り付けられて、三鷹中央防災公園・元気創造プラザのエントランスに飾られています!
 
こちらは「もんきり(紋切り)」と言って、紙を折り、型紙どおりに切り抜いて「紋」の形をつくるもので、江戸時代の遊びだったそうです。
生涯学習センターで「もんきりワークショップ」を行う際に、木の枝にぶら下げて天井に広がるように飾りたいと言うことでミズキの枝を探されており、ちょうどいいタイミングでした。

協会の活動でも枝を活用することはありますが、なかなか面白い活用法と思い皆さまにもお知らせさせていただきます。
1月16日まで展示されているそうですので、ぜひご覧ください!

関連記事

  1. 花と緑の広場でガーデン柵作りをしました!

  2. 高尾山生き物観察会を実施しました。

  3. 絵本の家、3月の森のおはなしは、落葉樹の冬芽の芽吹きについて

  4. 職場体験2日目

  5. 明治神宮の森で研修会を実施しました。

  6. 散歩で見つけた植物をご紹介します

  7. 花と緑の広場イベント「さし木で植物を増やしてみよう!」

  8. 春の花壇の様子です!2

  9. クリスマス&お正月のクラフト作品をご紹介します♪

NEWS




アクセスTOP5

特定非営利活動法人 花と緑のまち三鷹創造協会

〒181-0012
東京都三鷹市上連雀8-3-10 三鷹市上連雀分庁舎内
TEL:0422-46-2081
FAX:0422-46-2084

PAGE TOP