コミュニティガーデンは生きものの宝庫

少し前の話になりますが、すぽっとガーデンのメンテナンスでのこと。
ボランティアの皆さんと繁すぎた植物の刈り込みや植え替えのプラン作りをしていました。
作業の真っ最中に2人の小学3年生位の男の子が透明の飼育箱を持って現れました。            クワガタも持っていたけど、箱の中には落ち葉とビニールの直径3cmくらいのパイプ。
何が入ってるの?ときくと。「トカゲ!、ここ、めっちゃいるんだ!」
箱の中には、ヤモリ、ニホンカナヘビ、ヒガシニホントカゲが同居してました。
無農薬管理のコミュニティガーデンは、実は生き物の宝庫なんですね!
「あっ!いた!」
大声で叫んだ少年は、電光石火飛びついて、カナヘビを1匹捕まえました。

花壇にかなり踏み込んで植物を折ってましたが、やさしいボランティアの皆さんは笑顔で見守っていました。生きもの大好き少年の登場はうれしかったです!

小さな生き物の住めるガーデンは生物多様性の向上にも役立っているんですね。

↓こちらはヒガシニホントカゲ

↓ノイバラの枝に上って虫の卵やアブラムシを食べるニホンカナヘビ

 

 

関連記事

  1. ルーテル学院大学前の花壇

  2. 小さな花たち

  3. 中央防災公園市民花壇

  4. 冬越し対策をしました

  5. ラベンダー収穫祭のようす

  6. かいぼり後の丸池

  7. 12月の花壇メンテナンス☆

  8. クリスマス&お正月のクラフト作品をご紹介します♪

  9. 花畑(菜の花とキンセンカ)の種まきをしました!

NEWS




アクセスTOP5

特定非営利活動法人 花と緑のまち三鷹創造協会

〒181-0012
東京都三鷹市上連雀8-3-10 三鷹市上連雀分庁舎内
TEL:0422-46-2081
FAX:0422-46-2084

PAGE TOP