絵本の家、3月の森のおはなしは、落葉樹の冬芽の芽吹きについて

 

3月11日の午後2時から、国立天文台内の絵本の家にて、森のおはなしがありました。

今回のテーマは冬芽の芽吹きについて。落葉樹は、冬の間、葉を落として休眠していますが、少しづつ暖かくなってくると春の兆しを感じ取って、芽吹きを始めることを実物の枝を見て頂きながら解説しました。また、冬芽の形や葉痕(ようこん)の形が動物の顔に見えたりすることも紹介しました。小さな冬芽や葉痕をルーペを使って観察、モフモフの暖かそうなコートを着たコブシの冬芽に参加してくれた男の子が「あったかそう~」とびっくりしていました。ちょうど11日の午前、絵本の家のコブシの木が一輪目の花を開花させたそうです。

春は一歩ずつ歩みを進めていますね。

モフモフしたコブシの花芽の芽鱗を触ってもらいました。

 

暖かそうなコートを脱いで、一輪目のコブシが開花!

様々な冬芽(左上からマユミ、アワブキ、ヤマブキ、左下のドウダンツツジ、ネジキ、コブシ(葉芽)、オニグルミ)

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. スタンディングバスケットを移設しました!

  2. 花壇が完成しました!

  3. 「野川」冬の野鳥観察会を開催します

  4. ラベンダー収穫祭

  5. 花と緑のまち三鷹創造協会 臨時職員募集(花と緑の広場勤務)

  6. 菜の花迷路始めました。

  7. ガーデニング講座「春が待ち遠しい!チューリップを入れた寄せ植え」を開催しました★

  8. ミニ門松作り教室を開催しました

  9. ガーデニング講座「多肉植物のミニプレート」を作ろう

NEWS




アクセスTOP5

特定非営利活動法人 花と緑のまち三鷹創造協会

〒181-0012
東京都三鷹市上連雀8-3-10 三鷹市上連雀分庁舎内
TEL:0422-46-2081
FAX:0422-46-2084

PAGE TOP