蜜蝋

みつばち担当の鴨下です。
以前もブログで取り上げたことがある蜜蝋(みつろう)ですが

蜜蝋(ミツロウ)知ってますか?

三鷹市の消費者活動センターで、蜜蝋ラップづくりを行うと言うことで、蜜蝋の提供も含め、ご協力させていただくことになりました。
https://www.city.mitaka.lg.jp/c_event/093/093918.html

作った際に濾しているのですが、細かいカスなどが残っているため、改めて濾し直す作業をすることにしました。
せっかくなので小分けにしてアルミカップで固め直してみました。
アルミカップに入りきるくらいの量を溶けやすい様に細かくします。  

鍋に入れて湯煎して蜜蝋を溶かします。

漏斗に油こし紙をセットして溶かした蝋をアルミカップに流し込みます。

カスがこんなに取れました。

温度が下がると冷えて固まっていきます。
固まり始めは白っぽいのですが、最終的にはとかす前と同じような色に落ち着きました。
  

油こし紙や漏斗に冷えた蠟が固まって付いてしまうので、交換したり取ったりなど少し手間がかかるところもありましたが、約200gの蜜蝋を作ることができました。
型に入れればその形に固まるので、だいぶ扱いやすくなりそうです。

蜜蠟ラップはSDGsの観点からも注目されていますね。
みつばちや自然からの恩恵をうまく生活の中で活用していきたいですね。

関連記事

  1. みつばちNEWS

  2. 原種アサガオの美しさ、はかなさ

  3. 作業をしていると。。。

  4. ヒンメリを作ってみました!

  5. みつばちNEWS

  6. みつばちNEWS

  7. 暑中お見舞い申し上げます

  8. 花と緑の広場にて

  9. 散歩で見つけた植物をご紹介します

NEWS




アクセスTOP5

特定非営利活動法人 花と緑のまち三鷹創造協会

〒181-0012
東京都三鷹市上連雀8-3-10 三鷹市上連雀分庁舎内
TEL:0422-46-2081
FAX:0422-46-2084

PAGE TOP