シモバシラの氷柱

今朝は冷え込みが厳しく地面が凍り付いて真っ白でした。

植物達も凍り付いていました。

そんな中花壇ボランティアゾーンのシモバシラという植物の株元に白い氷が発生していました。繊細で独特な形は、まるで氷でできた花の細工のようです。

シモバシラはシソ科の多年草で夏から秋にかけて白い花を咲かせます。

シモバシラに着いた氷は気温の上昇と共に溶けて消えてしまうので、午前10時頃までが見頃です。寒さと共に茎が傷んで水を吸い上げなくなってしまうので、氷の花の見ごろはあまり長くありません。

お近くにお立ち寄りの際にはシモバシラの株もとを探してみてください。

関連記事

  1. 花広場情報!2021/2/2

  2. 花広場情報!2020/9/16

  3. バスボム作り

  4. 福寿草

  5. ヒメリンゴ

  6. シモバシラの氷柱

  7. ハナビシソウ

  8. 花と緑の広場の芝生広場について

  9. ラベンダー収穫祭のようす

NEWS




アクセスTOP5

特定非営利活動法人 花と緑のまち三鷹創造協会

〒181-0012
東京都三鷹市上連雀8-3-10 三鷹市上連雀分庁舎内
TEL:0422-46-2081
FAX:0422-46-2084

PAGE TOP