お月見と鳴く虫の観察会を開催しました。

ガーデニングフェスタの興奮も冷めやらぬ10月8日(土)の夕方から、十三夜の名月を楽しみながら、夜鳴く虫の観察しようという趣旨の観察会を、花と緑の広場にて開催しました(生き物部会主催)。

この日は旧暦の9月13日なので十三夜と呼ぶそうです。平安時代に中国から伝わったとされる十五夜の月を愛でる風習とは異なり、十三夜の少し欠けた月を愛でる風習は日本独特のものだそうです。

日没までは雲の多い空でしたが、夕焼けがとても美しく、さらには雲がすこしずつとれてきて、月が美しい姿を見せてくれました。

観察会には14名の参加があり、ハラオカメコオロギやアオマツムシ、カネタタキの虫の音を聞くことができ、さらにはヒロバネカンタンが鳴いているところをライトを当てながら見ることができました。

下の虫の写真はクビキリギスです。

望遠鏡での月の鑑賞も実現し、月の近くに明るく輝く木星もみることができました。時折、上空を通過するアオサギの声なども聞こえました。

竹のランタンが飾られて、秋の風情を楽しむ充実した観察会となりました。

 

関連記事

  1. キバナコスモス ディアボロ

  2. ピンクの小花

  3. 花広場情報!2020/8/20

  4. ダリア

  5. ルドベキアチェロキーサンセット

  6. チューリップの蕾

  7. 市内の保育園にドライフラワーを配付しました

  8. 菜の花

  9. 皇帝ダリア

NEWS




アクセスTOP5

特定非営利活動法人 花と緑のまち三鷹創造協会

〒181-0012
東京都三鷹市上連雀8-3-10 三鷹市上連雀分庁舎内
TEL:0422-46-2081
FAX:0422-46-2084

PAGE TOP